(旧)僕と会社とロードバイクと

クロスバイクを乗り始めて5年。急にロードバイクが欲しくなり、我慢すること1年。乗るなら今しかない!でも、資金なんてない!
45歳を目の前にした中年サラリーマンが少ない小遣いを投げ打って、憧れのロードバイクをローンで購入しました。
こちらのブログは下記URLに移転しました。
http://runrun1006.jugem.jp/

リベンジ!? 僕と筑波山とロードバイクと(2/2)

筑波山で一応リベンジと言えるかどうかわからないなんちゃってヒルクライムをした後、自宅まで自走で帰ることに。既に日は高く、天気予報の通り、今日もかなりの暑さになりそう。これからは暑さとの闘いになります。腕と顔に日焼け止めを塗り直して出発。

ルートはこんな感じ。つくばバイパスを南下して、学園東大通りを通ります。学園西大通りに入らずに西へ向かい、小貝川CRで守谷まで。利根川を渡る為に小貝川を離れ、新大利根橋へ。柏を通っていつもの江戸川CRを通るというルート。実際はスマホの地図とにらめっこしながらルートを決めました。
初めての小貝川CRですが、なんかのんびりしたCRですごく好きな感じでした。

途中で大和橋というところを渡り、川岸を変えますが、ここの景色がすごく良かった。ってその写真は撮ってなかったけど。。。


自販機やコンビニで水分を補給しまくったお陰でお腹は空かず、朝に食べたラーメンとゼリー状の補給食で走ります。ヒルクライム&ダウンヒルの影響か、肩周りと腕がこわばってきて、明日が辛そうな予感がビンビンします。
守谷、柏の辺りが交通量の多い車道を走っていたので結構気を遣う為、辛かったです。江戸川CRに入った時はもう「安心」の2文字。平和で良いですね、CRって。
家に着いたのは15時。走行距離は108.4km。結構ヘロヘロでした。
あ、そう言えば出発する前にケイデンス用のマグネットのゴムが切れてしまい、ケイデンスが全く図れませんでした。こんなに早く切れちゃうものなんでしょうか。実際、ケイデンスが見れない状況で走るのは、なんか物足りない感じでした。しかもそのマグネットを
どこかに落として無くしたみたいで・・・(涙)


今回のライドで気付いた点&反省
・筑波山は車の走り屋が多いので結構怖い。
・ヒルクライムで大事だと感じたのは、姿勢と呼吸。
・ヒルクライムするとお腹が苦しくなる(腹筋?)ビブタイツの必要性。また、レーパン
 のお尻部分が痛いのはシャモアクリームを試してみる価値がある。自分が買うべきもの
 がわかった。
・小貝川のサイズ感、雰囲気はすごく良い。このルートでポタリングも良いかも。
・始発輪行の楽しさ
・つつじヶ丘は行っておくべきだったと思うので、次は行く。
・体重を減らそう。
・輪行の際にフレームとホイールの固定に100円ショップのマジックテープが便利だっ
 た。
・不動峠のSTRAVAの区間タイムの順位が 2150人中の2021位という酷い有様(笑)


上りは辛いからあまり好きじゃないけど、またにチャレンジしたいと思っちゃう不思議な感情ってなんだろ、コレ。
そして、来年は渋峠で例の雪の壁をこの目で見たいので、少しでも上れるようにコツコツ頑張ろうと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。